日記を中心に、あれこれ興味のあることを。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


保母国家試験の思い出
2008年08月23日 (土) | 編集 |
夏になると思いだすことが色々ある。
その中でも今思うとけっこうヒヤヒヤするのが、もう20年以上前の、保母資格の国家試験の思い出である。
#今は「保育士」当時は「保母」

高校の保育科に通っていた私は、3年生の夏が勝負の夏だった。
国家試験では、
・社会福祉
・児童福祉
・児童心理学及び精神保健
・保健衛生学及び生理学
・看護学及び実習
・栄養学及び実習
・保育原理及び教育原理
・保育実習
の8科目10教科の筆記試験で、[保育実習]は筆記合格の後に2次試験(実技)にも合格しなくてはならない。
国家試験は各県ごとに時期も出題内容も任された状態で行われており、教科ごとの合否判定が出て、3年以内にすべての教科(2次も含め)に合格すれば資格取得となる。複数の県を受験してその結果の合わせ技でもOKなので、その学校では地元だけでなく近隣の県へも出向いて受験していた。
また大前提として、その後無事に高校を卒業しなければならない。
(現在の国家試験状況は情報サイトで確認されたし)

私が受験した年の2年前までは、近隣Y県では比較的問題が簡単だった上に夏と冬に試験を実施しており、夏にとりこぼしがあった者は冬までに残りを集中勉強して卒業に間に合わせることができたという。そのため合格率はほぼ100%、資格がとれないまま卒業する者は数年にひとりいる程度という状況を誇っていた学校だった。しかし私のひとつ上の先輩の時からどの県も夏1回の実施になり、その年の合格率はいっきに70%程度に落ち込んで私たち後輩を大いにビビらせていた。

とりこぼせない。とりこぼして来年また受験だなんて絶対に嫌だった。
とにかくその夏にすべてをかけるしかない。
3年間勉強してきたんだから、と17歳の私は初めて本気で燃えた。
自分の偏差値からみて随分ラクに入れたその高校で、私はそれまで本気で勉強する事もなくそれなりに成績上位をキープしてきた。
問題を起こして停学になった時には、副担任が深いため息とともに
「あなた余裕がありすぎるのよ。今までの貯金で遊びながらでもやっていけるものね。馬鹿らしくてやってられないんでしょ?わからなくもないけど、あなたみたいな子は正直扱いづらいわ」
と嘆いたことも記憶している。副担任はとてもいい人で嫌いじゃなかったのに、あの言葉にモヤモヤしてテストを白紙で提出したこともあった。今思えば本当に扱いづらい。しかも大事なところでキッチリ好成績をとりにいくかなり性格のねじれた嫌な生徒だった。
でも国家試験は授業成績とは別だ。たとえクラスで成績1番だったとしても、国家試験に合格できなかったら保育科的には「残念な生徒」に陥落する。
停学になるほどの素行不良さがある反面、長い休みのたびに自主的に保育実習に行き、現場で鍛えてもらっていた私には、プライドがあった。
他の生徒が良い子ぶった顔の裏で隠れてバイトにあけくれている夏休みも、私は毎日保育園で実習をしていたんだ。朝7時過ぎから夜6時半頃まで、もう帰っていいよと言われても毎日1分でも長く現場の勉強をしたくて…たとえ家に一歩入った瞬間にクタクタになって爆睡しても。夏休み明けの社会科系のテストのサービス問題「甲子園で優勝した○○高校は何県?」が、甲子園もニュースも見ていなくて答えられず満点を逃し先生に笑われ、悔しい思いをしたこともあった。
学校では、今までこんなに現場に出た生徒はいなかったと言われていた。
私だって、自分でも頑張っていると思っていた。
こんなに頑張って合格できなかったら……
そんなの絶対に嫌だと思った。
当時の彼氏は「お前気づくのおせーよ」と笑いながら、一生を左右することだから死ぬ気でやれ、絶対うかれ、と応援してくれた。彼もまた別の国家試験を目指す大学生で、今こそ大勝負の時だという事をよく分かってくれていた。

そして私のとんでもない夏が始まった。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。