日記を中心に、あれこれ興味のあることを。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いたたた
2009年01月29日 (木) | 編集 |
今日は整形外科に行ってきた。
おととい膝が痛み、ろくに仕事ができなかったからだ。膝の周囲の筋肉がこわばったように痛み完全に曲げることができず、正座もさっと立ちあがることもできず、瞬時に動くような行動も何一つできなかった。
昨日ゆっくり休んで痛みはほとんど無くなっていたが、放置するわけにもいかない。

そもそも2週間前の寒い朝、あれ?と思う程度の腰の痛みがでたのが発端だったかもしれない。その痛みは2日ほどでおさまったが翌週もまた痛みがぶり返し、その時も2日ほどで何でもなくなった。しかし入れ替わりに膝が痛みだしてしまったのだ。

元来体重があまりにも多いために、いつかこういう日もくるだろうと思っていた。それでなくても中学生のころには医者に膝の関節のかたちが悪いとも言われていた。わかっていながらダラダラ肥満に甘んじていた私が悪い。

しかし仕事がからむと反省だけでは済まない。私は自分が出勤する日においては現場の責任者だ。からだがろくに動かせないような状況では困るのだ。
朝から若い保育士さんたちに状態を話して深々とお詫びし、フォローをお願いした。しかし万一私の目の前で子どもたちに危機があったとき、ダッシュでそれを止められなければその子は命を落としてしまうかもしれない。保育というのは命を預かる仕事だ。今の状況が続くようならそうなる前に辞めるべきだと思っているという正直な気持ちも話しておいた。

とはいえ辞めたくはないので珍しく病院へ行ってきた。
レントゲンを3枚とって「特に異状はないですよ。何か最近無理しました?湿布で様子見てください」とだけ言われた。
痛みがひいた今の状態でキープできれば、それなりに仕事はできるだろう。問題はいつまでキープできるかだ。とりあえずバナナダイエットは続行だ。
スポンサーサイト

化膿
2009年01月28日 (水) | 編集 |
とうとうダンナにピアスを買ってもらった。
連日、「あーもう痒い!あと2日で化膿するねこりゃ。」とか「なんか腫れて痛くなってきたよ。膿んできたみたい。可哀想な奥さんだね~」とか言われれば、誰でも口をふさぎたくもなるだろう。ましてやその方法がわかりきっている事なら。
私だって別に高価なものを買ってくれとは言っていない。バブルは去ったのだ。ブランドバッグくらいまでの価格のピアスなら笑顔ひとつでサラリと買ってもらえた過去のことは今となっては恐ろしくさえ思う。
ショッピングセンターのチープなアクセサリーショップで欲しかったかたちのピアスを指さす。お値段は1000円でアレルギー対応商品。今の私にはこれでじゅうぶんだ。
「そんなんでいいの?メッキだろそれ」というダンナに「うんいいの、どうせメッキがはがれる前に片っぽ無くすと思うから~」と答えた。先回りされたダンナはゲラゲラ笑っていた。
早速つけたいところだが、読み通り化膿してしまった耳にはピアスなどつけられない。耳たぶに塗る化膿の薬と抗生物質かわりの風邪薬を買ったらピアスの倍ぐらいの値段になった。
それでもアクセを自分で買いたくないという私のくだらない意地は守られた。

ピアス闘争
2009年01月24日 (土) | 編集 |
ダンナに言わせれば、私にピアスを買ってやるほど無駄な事はないという。
なぜならことごとく無くすからだ。
それについては一切の言い訳はしない。本当に無くすし20年来ずっとそうなのだから。
無くしかけて気づいた時の状況からすると、たいていはシャンプーの時か寝ている時に無くしているのだろう。

秋頃だったか、愛用していたピアスの飾りがとれてしまい、使えなくなってしまった。それ以来ダンナと私の間でピアスを買う買わないの闘争が続いている。
どうせ無くすのだから買うだけ無駄だというダンナ。
このままではピアスの穴がふさがってしまうという私。
だったら自分で買えば良いのだが、結婚記念日もクリスマスも誕生日もあったというのに意地でも自分では買うもんか。
おととしだって\1980のピアスであれだけ喜んだつつましい嫁ではないか。ヤフーで次々落札するようなお金があるならなぜ買ってやれない。

そして私はとうとう100円ショップでピアスを買ってきた。好きではないアメリカンタイプというやつだが仕方無い。つけてみるとあやうく穴がふさがりかかっていたことがわかり、間に合ったという安堵感でいっぱいになった。
それから2日、案の定かゆみが広がっている。ダンナはそれを見て「そんな安いのアレルギー持ちで合うわけないじゃん」と当然のように言う。私は「あと3日もすれば膿んで大変な事になっちゃうなぁぁぁ。3日以内にちゃんとしたの買ってよね!」と答える。「買ってくればいいじゃん、実家でもらった商品券があるんでしょ」とまたダンナが言う。
決着はまだつかない。

バナナダイエット その後
2009年01月22日 (木) | 編集 |
更新からすっかり離れていた日々だったが、私は相変わらずの毎日だった。
年末年始の嫁業務だって嫌々ながらそれなりにこなした。
そしてバナナダイエットも地道に続けている。
幸い効果がそれなりにあったので続ける気になったのだ。
私の場合もともと体重がかなり多いので少しダイエットらしきことをすれば
10キロくらい減ることは珍しくない。
10日で10キロ落としたこともある。そしてある時に止むをえない状況で
2キロくらい戻ると緊張の糸がプツンと切れてあっという間にリバウンドするのだ。
今回もおそらくそんな結末だろう。しかしクリスマスもお正月も乗り越えてきた今、
もうしばらく大丈夫そうな気もしているのも事実だ。
ひそかに、もっと痩せたらやりたいこともできた。もうちょっと頑張ろう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。