日記を中心に、あれこれ興味のあることを。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


頑張れ少年
2009年03月11日 (水) | 編集 |
友人にちょっとしたプレゼントを買いたくて、昼食後に大きな雑貨店に行った。
ラッピングをしてもらう間にピアスをみていると、高校生男子ふたりがアクセサリーコーナーにやってきた。
「どういうのがいいんだろ~、わっかんねぇ~」
「コレとかどう?」
なんて話をしている。どうやら片方の子が彼女へのプレゼントを探しているようだ。ホワイトデーのプレゼントだろうか。

私など、どうせ無くすから1000~2000円程度のピアスをみているというのに、彼らは
「そろそろ部活に行く時間になっちゃうぜ」
「うーん、この4000円のが一番いいかなぁ」
なんてウキウキしている。かたぎな高校生が自分の小遣で買うプレゼントなら4000円がいかに頑張っている金額か推して知るべしである。
頑張れよ若者。
ラッピングが出来上がったので私はそのまま店を出た。

帰宅してからダンナにカワイイ高校男子の話をした。
「4000円のにしたのかなぁ~。あんなに一生懸命選んでんの彼女が知ったら喜ぶだろうな~。っていうか彼氏が選んでくれたモノなら何でも嬉しいんだよねぇ
キュンキュンしながら言う私にダンナはバッサリと
「そのうち4マンでも顔色ひとつ変えずに買わせるようになるけどな」
と、ビシッと私を指さして言った。

少年よ、君が遠い将来その恋を成就させたとしても、こんな夫婦にならない事を切に願う。
スポンサーサイト

な、無い…!
2009年03月08日 (日) | 編集 |
気付けばやはり無くなっていた。
ピアスが。

おととい葬儀に出席したあと確かにつけかえた。
昨日今日は仕事のイベントで忙しく、夜になってふと気付けば片方なくなっていた。

ああ、やっぱりメッキがはがれる暇はなかった。
また買って欲しいと言ってもダンナは当分相手にしないだろう。
いや、「当分」どころか「二度と」かも。

ダンナから渡されているクレジットカードが鈍く光っている。
油性ペンで大きく「禁じ手」と書いておいた方が良さそうだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。