日記を中心に、あれこれ興味のあることを。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マイ小型車の恨み
2011年02月25日 (金) | 編集 |
この3カ月、とても腹立たしく思っている事がある。
私が日々使っている小型車に対し、夫が勝手に売却話を進めていた事だ。
進めていたどころか間もなくそれは売られ、私の心に埋めがたい深い傷を残した。

我が家の車は、自営業に使う車が複数台と、家族用のワゴン車、主に私が乗る小型車 という構成だった。 
そして免許証保持者は夫と私の二人だけで、あまり乗る機会のないワゴン車のバッテリーはたびたびあがっていた。維持費で大金がかかる上に乗る機会がないのでは無駄だというのは理解できる。

思えば2年ほど前にも、景気が悪いから小型車を手放してワゴン車に乗るようにしてくれないかと打診された。ワゴンを手放すと家族全員で出かける時に乗りきれないので、小型車の方を手放したいわけだ。
その時は、子どもが高校を卒業するまでは、塾、部活、病院、学校、その他もろもろ、何の用事でどこへ行く事になるかわからない立場なので、小回りの効く小型車は手放したくないと話し、一応の理解を得られたはずだった。

11月末、再度売却の話を持ちかけられた時も、同じ事を再説明して首を縦にはふらなかった。
なぜなら2年前から11月末までの間に、夫は軽トラなど2台を中古で買い、半年から1年で次々手放すという、無駄の極致をやっていたのだ。その夫に無駄を説かれても、お前が言うなってヤツだ。

それが12月上旬のある日、義母から「10万で売れるんだって、良かった良かった」と言われたのだ。
私は驚き、子どもが高校を出るまでは売らない話になっているし手放す気などないのですが、と言った。すると義母は表情を一変させ「こんな景気も悪くて○○(夫)も苦労してるんだから、そんな事言わないで、家族だから協力してよ~」と、まるで怒り泣きでもするかのような態度で夫を擁護した。
冗談じゃない、こういう事にならないように、購入時に維持費のかからない軽自動車を主張していたのは私の方だ。それを見栄か何か知らないが普通自動車でなくてはと言い、維持費の事も「大丈夫大丈夫」と考え無しに購入したのは夫の方だと言うのに。
しかも目立つ外国車を買おうとするのを、義弟が亡くなったあとだし保険金等で良い車を買ったお気楽兄夫婦などと誤解をされてはいけないと必死に説得し、よくある女性向け小型車の中古にしたのに。
その嫁を今になって、自分の贅沢を押し通す嫁に仕立て上げるというのか。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。