日記を中心に、あれこれ興味のあることを。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鈴鹿のお風呂
2005年10月03日 (月) | 編集 |
週末に三重県鈴鹿市に行く。毎年恒例のF1観戦だ。
私は1992年に観戦デビューをし、出産にからんで3年ほど欠席したが現在も一家揃って観戦を続けている。親が好きなら子どもも自然と好きになるものなのだ。

今年ぜひ実行したいのは、銭湯に行く!ということだ。
例年金曜日の晩に入浴を済ませた上で出かけるのだが、土曜日の晩は自家用車内で宿泊、入浴はなしであった。もちろん子どもは丁寧にお湯でふくが、大人は適当な感じで我慢だったのだ。
数年前にサーキット内に温泉ができ、それでも場所が遠いので敬遠したが、近くの駐車場に停めた年に行ってみた。
土曜の夜10時に信じられないほどの列…女湯はすぐ入れるが男湯のほうは2~3時間待ちで、私+子どもたちだけが、ちゃっかり入浴しちゃったのだ。
メイン運転手のダンナの疲れがとれなくては、何もならないではないか。

それで、今年は車で移動することを念頭に、鈴鹿市内の銭湯を念入りにチェックしていたのだ。
検索すると、観戦記のなかにも銭湯関係の話はかなりあって参考になる。
やはりF1期間中は混むことは避けられないようだが、土曜の夜はぜひともダンナにもお風呂!というのが今年の目標だ。20世紀と同じペースでは無理なのだ。身体はいたわらなくては。

ふとヤフーにアクセスすると、新しい記事がでていた。
【佐藤、「表彰台を目指したい」=F1日本GP】
私が目指しているのは銭湯だ。同じイベントについての話とはとても思えまい。
琢磨すまん。応援はちゃんとするから。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。