日記を中心に、あれこれ興味のあることを。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


馬鹿母猫
2006年07月13日 (木) | 編集 |
工場で飼っている猫が、赤ちゃんを産んだ。
その猫がまた、おそろしく子育てが下手な猫で、年に2回も3回も産むのはいいが、まともにオトナになれるのは年に1匹いるかどうかという始末。
産んだばかりなのに、ろくに面倒もみないで死なせてしまうというパターンがあまりにも多い。
たとえばこの季節だと、灼熱地獄になる屋根裏へ運び込んで、自分は暑いので涼みにばかり出ていて、子猫の救出に向かったらもう死んでしまっていたという出来事もあった。

その猫が、懲りずにまた出産をした。
今回は犬小屋ならぬ猫小屋で出産をしたので、少しは覗いてもいいのかと思ったら、やはりそうは問屋がおろさない。
いつも移動するルートをたどりはじめたので、子猫たちの身を案じていたのだが・・・
今日、思わず叫んでしまいそうな場所で発見した。
隣の用水路の、幅15センチくらいの場所である。



ガードレール                  駐車場
  ∥                     ┌───
  ∥                      │
  ∥                   ここ│
─┴┐                 ┌─┘
道路│                 │20cm!!
   │   用水路          │   
   ~~~~~~~~~~~~~
     ~  ~  ~~  ~

これが用水路を横から?見た図である。
左側の道路からみて、右側が高い位置で駐車場になっている。
そのため、そちら側の壁には、20センチくらいの幅で、ただ中途半端に雑草が生えているだけの場所が細長く続いているのだが・・・
その雑草の中に、子猫4匹とともに寝ているではないか!
今はまだ、頭はタコヤキ大で、大きく動くこともない子猫だが、あと10日もすればゴソゴソ動き回って用水路に落ちてしまうかもしれない!
それ以前に、雨にうたれたらどうするのだ!

相変わらずの馬鹿猫ぶりに、夫も私も呆れるしかなかった。
とりあえず、近々救出だ。
そしておそらく、馬鹿猫は即座にまた移動するであろうが、今度こそ物件選びは慎重にしてもらいたい。

コメント
この記事へのコメント
そうそう!まさに「近頃の若いお母さん」なのかもしれない!
あれから倉庫に引っ越して、今日ようやく確認できたんだけど
全部で6匹いたわ~~v-283
無事に全部育つことができるか、ヒヤヒヤしてます。
2006/07/22(土) 21:10:25 | URL | はまちゃん #OqadrIjg[ 編集]
私は猫を飼ったことがないの。だからすごくビックリしたわ。
子育てに上手・下手あるのんだねー・・・しかもたくましいノラ猫なのに!!
人間社会だと「近頃の若いお母さんはロクに育児もできない」とブツブツ文句を言われそう。
2006/07/14(金) 09:36:59 | URL | まっころ #uvyC3nQQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。