日記を中心に、あれこれ興味のあることを。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう若手じゃない
2006年07月30日 (日) | 編集 |
パート先の託児所で、保護者の方々からの希望や苦情をお受けする事がある。
大事なお子さんをお預かりしているのだから、その言葉は大切に受け止め、改善できる点は送球に改善し、対応できないものに関しては丁寧にその旨を説明しご理解をいただく。

先日園長から、苦情が入ったとの話があった。
ある若い職員に対する苦情であったが、私たちオバサンが、細かく教えてあげていれば起こらない内容の苦情であった。オバサン保育士はみんな、いちいち言わなくてもわかる事、という感覚でいたのだから、その苦情は若い先生ひとりの問題ではない。
園長も同じ気持ちだったので、若い先生に対してのみ注意するようなことはなく、みんなで反省した上で、対応できない部分については園長から説明してもらう事になった。
若い先生は、非常にしっかり者で頑張りやさんだ。彼女なら、私たちが「教える」ということをちゃんとしていれば、決して苦情を受けるような行動はなかったのだろうと思う。苦情を連絡してきた保護者はもちろん、若い保育士に対しても、大変申し訳なく思った。

子どもを預かる仕事である以上、怪我や病気、生命に関わるような失敗は絶対にあってはならないが、細かい失敗というのは案外あるものだ。
園長も私も、若い頃には思い出したくもない失敗をたくさんしたものだという点で気が合い、失敗自慢ではないが昔話を少しした。ふと気づくと若い保育士はポロポロ泣きだしたが、彼女もいつかこのことをほろ苦い想いと共に語る日がくるのかもしれない。

私はいつの間にか、苦情への対応をまかされる年齢になっていたし、若い保育士が増えて、いつの間にか先輩というかオバサンになっていた。
保育士の世界は案外カーストなところがあって、食事のときなど「ちょっとキリが悪いから先に食べてて~」とか言っても、私が食べ始めるまで待っていてくれたりする。きっと前の職場がそういう雰囲気だったんだろう。私がさも陰険なオバサンに見えている・・・のではないことを願う。
私としても、「先輩、食べててくださーい」な立場に慣れていて、先輩として若いモンに気配りすることに慣れていないのが実情だ。これから学ばねばなるまい。

ただひとつ、先輩として学んでしまったこと・・・
連絡帳の記入中や食事中に保護者がお迎えに来た場合、即座に若い先生が立ってくれるので、私は慌てなくてもいいこと。
若い頃にさんざん秒殺で立ったんだから、バチはあたらない・・・はず・・・???



コメント
この記事へのコメント
うっぎゃぁぁぁ
レスしてなかったわコレ。ごめんなさいっv-356

まっころちゃんち園の、遠足にひとり置いてきちゃった先生、それはもう何と言ったらいいのか・・・
せめて無事で良かったということしか・・・
反省はガッチリして、謝罪もしっかりして、早く信頼を回復できるようにしっかりやっていくしかないわね。頑張って欲しいわ~

ぼんこさんちキーキーママンにも驚いたけど、こないだそういうのTVでみたよ!
「うちの子は箱入り娘に育てたいので、幼稚園では誰とも喧嘩させないってことを一筆書いてください!」とせまってきた父親がいたとか。
そりゃ無理だよパパン・・・喧嘩から色々学ぶ時期だしさ・・・そんなに浮世離れした子に育てたいんだろうか??
お嬢様として育てたいなら、それに適した幼稚園をお受験するしかないだろうに。
電器屋で冷蔵庫の箱でももらって入っとけ。それじゃ猫か。
2006/09/26(火) 00:36:50 | URL | はまちゃん #OqadrIjg[ 編集]
現場にいるといろんな苦情があるんだろうねぇ。
前に子どもを迎えに行った時、別の幼稚園児のママンが
子どもの膝に貼ってある絆創膏を見つけてさ、
「うちの子、転んだんですか?!」と陰湿な目で先生を見上げて
言い放った場面を目撃して驚いたわ。
別のママンの話だけど、迎えの帰りにブランコで遊ばせている間に
自分の子のおでこがうっすら赤くなってるのを目敏く見つけたの。
自分が子どもを連れて先生のところに事情を聞きにいくなら分かるけど
このママン、子どもをブランコに乗せたままで先生を呼びつけて
血も出ていないおでこの赤みについて質問してた。
先生はちょっとお友達に押されて・・・と言うと、「押したのは誰ですか?!」
ヒーノ)゚Д゚(ヽヒー
うちの子はその子と同じクラスだったんだけど、あれじゃ一緒に
遊ばせたくないと思ったよ。

そんなに大事なら空調効かせた部屋で厳選したおもちゃと絵本を与えて
大事に大事にしまっとけ!と思うけど、いろんな親がいるんだろうねぇ。
まぁ、自分が気がついていないだけで、私もそのいろんな親のメジアンから
外れたところにいるのかもしれないけど。
とにかく子どもを幼稚園に通わせて、しみじみ先生の仕事って大変だと思ったわ。
お疲れ様でございます・・・いや、マジで。
2006/08/04(金) 00:48:05 | URL | ぼんこ #yjwl.vYI[ 編集]
そういえばうちの幼稚園のとある先生がね、
遠足先に子供を一人忘れて帰るという大失態をしたのよ。
中堅の先生なんだけどさ、当然その落ち込み方は激しかったらしい。
子供も色んな性格の子がいるわけだし、
そして同じ数だけ色んな親もいるわけだし、
色んなハプニングも起こるわけでしょ・・・。
本当に大変な仕事だと思う。
2006/08/01(火) 08:27:04 | URL | まっころ #uvyC3nQQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。