日記を中心に、あれこれ興味のあることを。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


障害猫、星になる
2006年09月22日 (金) | 編集 |
前回、相当な気合とともに書いた障害猫だが、実はあれから24時間ともたずに息をひきとってしまった。脱力とか体調不良とか色々あって遅くなってしまったが、ここに書いておこうと思う。

前回の記事を書いた翌朝、モモコと名づけられたその障害猫は、明らかに様子がおかしかった。一目でヤバかったのだ。どうヤバかったかというと、手足を伸ばして横たわっていた。グニャーンとくつろいでいるときも手足が伸びきったりするが、具合が悪い時のこの姿勢は相当ヤバいことは、猫を見送った経験のある人ならピンとくるであろう。
あわてて抱き上げると、体温が下がっており、傷の異臭もかなりきつくなっている。そんな…。

怪我当日に従業員さんが連れて行ってくれたという動物病院が開くのを待って診察していただくと、やはり相当厳しいとのこと。このままでは今日明日の命だと言われた。
異臭は傷口が壊死しているためで、虫もついてしまい、体力も相当奪われているとのことだった。
このあたりの実情は不快かもしれないので、ハッキリした話は白字で伏せておく。
---------↓伏せます--------
傷口には何十かのウジ虫がついてしまっていた。医者が徹底した消毒と施すと、傷口が割れてめくれた隙間や皮膚そのものの奥から沢山のウジ虫が這い出してきたのだ。正直言って非常に気持ち悪い光景ではあるが、私は、帰宅したら同じように徹底した消毒をしなければと思い、方法をメモったりポイントを凝視したり必死であった。
---------------------------

医師からは、体力がなくなった今になって、足を切断するのは無理な話だという説明をうけた。それに、同じ2本失うにしても、4本の足のうち対角線上の2本を失うのならまだ生きていけるが、前足を2本失ったらこのコは生きていけないという。
どっちにしろ切断の手術に耐えられるだけの体力が無いのだから、何としてでもこの足の壊死を食い止め、ひょこひょこ動けるこの状態をキープして生きていくしかないではないか。

医師に「抗生物質だとか、なんかそういのはないんですか?」と聞いたところ、注射をして薬も出してくれるという。傷口のお手当セットも、消毒のほかに塗り薬やテープ状包帯を処方してもらい、やっとの思いで帰宅した。

しかし、すでに星になる方向で進みだしている現状を止めることはできなかった。1時間ごとに弱っていく感じがして、お昼過ぎには、もういつ逝くかという様子になってしまった。
最期は事務所に行き、怪我以来ずっと面倒をみてくれた従業員さんにも見守ってもらいながら、静かに息をひきとったのだ。
モモコは、「はま」「くろチビ」に続いて3匹目の「ウチの敷居をまたいだ、家猫として飼われた猫」だった。
「たられば」は色々ある。反省点も多い。
しかし、もうモモコは生き返ることはない。

モモコの兄弟でたった1匹生き残った子と、その後馬鹿母猫の娘(生後11ヶ月)が産んだ子猫と、、、うちにはまだ子猫がいる。
その子たちが怪我なく成長するよう、祈っている。


コメント
この記事へのコメント
SIROちゃん、どうもありがとうv-354
そうそう、目の大きなコだったね~!
一度は実家にまで連れていったのよ。カゴから出してないし鳴きもしないのに、実家の猫が何か気配を感じて挙動不審になっているのが面白かった。
元気にしてやれなくてホント残念だったなぁ~。
2006/09/27(水) 18:20:42 | URL | はまちゃん #OqadrIjg[ 編集]
はまちゃん、この記事にも前の記事にも
なかなかコメントできなかったよ、
私が見たときは小さくて、怪我しながらも
元気いっぱいに鳴いていたし
くりっとした目が愛らしくて
うちの子たちも、「かわいかった~」といっているし
あんな小さな体で、すごく頑張っていたんだね、
でもみんなに愛されて本当に幸せな子だったよね
2006/09/26(火) 13:46:55 | URL | SIRO #-[ 編集]
まっころちゃん、こんばんは~v-222
メール返信なんて別にいいのよ~。
返信が必要な内容なら最初からそう書き添えるし(笑)

我が家も江原さん好きなのよ。昨日もTV(うちくるSP)みたわ。
モモコは何を学んだのかなぁ。次に産まれてくるときには、鉄骨屋はやめておくってことかなv-356
今、他の兄弟たちと並んで埋葬されています。たまたま隣の家の前で行き倒れていた見知らぬオス猫も一緒に(笑)
両手を包帯でグルグル巻きにされて、ボクサーみたいな姿だったけど、天国では痛みもとれてはしゃいで動き回っているだろうな。
とても朗らかでいたずら好きなコで、我が家に沢山の笑顔をもたらしてくれました。モモコと出会えて良かったです。
2006/09/23(土) 00:45:25 | URL | はまちゃん #OqadrIjg[ 編集]
先日のメールでこの事実知ってたのに、返信もしなくてゴメンネ。
ちょい多忙なのもあったんだけど、なんて書いていいのか・・・。
江原さん的に言うと、全ての命は学習するためにこの世に生まれてくるので、
モモコは今回、学ぶべきことを学んだので逝ったのだと思うわ。
それは「健康を害すると死んじゃう」って基本的なことを学ぶ段階のヒヨッコ魂だったからかもしれないし、「優しい人間が居るんだ」ということを学ぶレベルの高い魂だったのかもしれないし、はたまた超完璧な魂ゆえに神様に早めに呼ばれてしまったのかもしれないね・・・。
いずれにしろモモコの一生は短くても意味があったのだと思う。
2006/09/22(金) 23:19:54 | URL | まっころ #uvyC3nQQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。