日記を中心に、あれこれ興味のあることを。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


通い猫 サビィ
2006年11月26日 (日) | 編集 |
7月8月と2匹の猫が産んだ子猫たちのうち、生き残ったのはたった1匹だ。7月に生まれた子だ。
本当は先月まではもう1匹8月生まれの子もいたのだが、その子は目やにが多い症状で拭いても拭いても目があかないほどで、ある時道路にまで出てしまい、轢かれはしなかったものの冷え切って翌日死んでしまったのだ。道路に出ていたのは地域のお祭りがあった晩で、ダンナは役員だし、私は祭囃子の会の演奏があって出ていた。私と子どもが一足先に帰宅したら、家の前を通りかかった知り合いの方が、さっき道路の真ん中で猫が2匹動かないでいたから慌てて連れてきたところだというのだ。
生き残った1匹はサビ猫で地味な色合いなので、轢かれないように派手な首輪(鈴付き)をしていた。死んでしまった目やに体質の猫は、母親と同じその鈴の音についていってしまったのだろうか。知り合いの話では、首輪のある子猫が道路の真ん中でじっともう1匹に寄り添っていたので、てっきり轢かれてしまっているんだと思ったという。実際には生きていて助けてもらったのだが、どのくらい道路にいたのか、冷え切ってしまった子猫は翌日あっけなく星になってしまったのだ。

あれから約1ヶ月。サビ猫にはサビィという名前がついた。
黒と茶が入り混じったその柄は、夕暮れ時にはいつ轢かれてもおかしくないものに見える。現にご近所ママが夕方車で寄った時に、私の目の前で危うい場面があったのだ。危うい動きをしたのはもちろん猫のほうだが。
サビィが轢かれたら大変だ!私はダンナにそう訴え続けた。
そして大人猫が出かけていてサビィが寂しくてウロウロしている夕方はウチで遊ぶようになった。
そして寒さが厳しくなった今、サビィは家に泊まるようになった。


いっそ家猫にしてしまいたいのだが、サビィのママは家猫になる気はさらさらない。工場に住み着き、餌は欲しいけど人間の言いなりになる気はないのだ。サビィより1年早くうまれた姉猫パンチも同様だ。サビィは昼間は猫同士で過ごしたいようだし、何より工場や事務所にいればかわるがわる人間が来て、みんながチヤホヤしてくれるのが嬉しいのだ。従業員さんはまるで舐めるように可愛がってくれるし、近所の保育園児はお散歩のたびに寄ってくれる。毎朝ウチの前で幼稚園バスを園児と一緒に待っているそうだし、こないだはウッカリ一緒に乗りそうになって止められていたそうだ。ご近所の工場のおじさんなんて、とうとう餌皿を用意してくれて毎朝缶詰めをたっぷり与えていってくれるまでになったほどだ。言っていくがウチだって餌皿は用意してあるし毎朝餌だってあげている。(ドライフードだけど。)なのにわざわざ別の餌皿を買ってきてウチの工場の真ん前(敷地内だぞ)に置いておく、しかもいつの間にか2つに増えてるって、どういうコトだ?土曜日には缶詰めを持参して、これは日曜日の分だからあげておいてくれと言われたそうだ。本当にビックリした。

それだけあちこちから可愛がられているのだし、親が工場で気楽に暮らしているのだから、という理由で、サビィはダンナに飼っていいよと言ってもらえない。でもダンナの仕事が終わればついて帰ってくるものだと思っていて素早く走って家に来るので通い猫なのだ。
今夜が三晩目だ。まだシャンプーをした事がない外猫を寝室には入れられないので居間に用意した猫ベッドで寝ている。
私は担当者なので、その隣で(板の間に)寝ている。今夜はせめてソファで寝たいところだが。
朝起きてふしぶしが痛くても、やっぱり猫のゴロゴロを聞きながら眠るのは幸せだ。
コメント
この記事へのコメント
しおんさん>
ありがとうございます(^-^)
心配なのは色・・・暗くなるのがずいぶん早くなって、5時には真っ暗なので、轢かれないようにと祈っています。
もうすぐ注射に連れて行くことになりました。半年後には避妊手術に連れていきたいので、そのためにも。
ちなみに今夜は来てません。
一日中出かけてしまって、夜9時頃に帰宅したので、猫同士で工場の猫小屋で寝ていました。
寂しいけど、サビィもたまにはママと寝ないと?と思って、そーっと引き返してきました。
今夜は私も久々にベッドで寝ようっと。ちなみに三晩、布団無しの板の間でした!ノミ駆除が徹底できていないので、布団禁止ということで…
息子がアレルギー体質なので、もし酷くなったら猫にも人間にも不幸なので、そこは注意しています。
床暖房はつけていますが、固い板の間の寝心地はサバイバル気分で全然OKです。
9年ぶりに「猫が手の届くところで寝ている」という事実はなにものにも勝る(笑)
2006/11/26(日) 23:48:19 | URL | はまちゃん #OqadrIjg[ 編集]
猫の受難?が続く中で、通いでもなついて、毎日きてくれるのはうれしいですね。
それにしても、なかなか育ってくれなかったりするので、この子はこのまま無事に大人になってくれるといいなー。

・・・今の時期に板間は辛いでしょう。
布団があっても、底冷えするし~
自分のお体の方もご自愛くださいね(^ー^* )フフ♪
2006/11/26(日) 07:19:33 | URL | くれないしおん #hy68iM3M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。