日記を中心に、あれこれ興味のあることを。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


運動会
2008年09月24日 (水) | 編集 |
先週のことだが、小学校の運動会が行われた。
運動会の日に台風がちょうど真上にくるような予報だったのだが、前日の昼ごろに台風の速度があがったため天気はすっかり良くなり、無事に開催できたというわけだ。
そんなオチに備えてママ友と前日夕方には例年通りの場所取り任務をすませていたが、なんとお弁当作りの食材を用意していないという失態をしでかした。
そもそも前夜、食材を買いに行ってくるという私に「夕食を食べてからにしなよ」と強く言ったのはダンナだ。私はその夜、本当はどこか重大な病が隠れているのではと思うほど疲れ果てており(その疲れもダンナの指示による仕事からきている)、食事などしたら動く気力はゼロになりそうだったので、どうしても食事の前に行きたかった。しかし息子が応援団で使う学生ズボンの購入にダンナと息子の二人で夕方から行ってもらったので、その帰り待ちで時間も遅くなっていた。ようやく帰ってきた時にはもう19:30頃だったのでダンナが食事を先にしろというのもじゅうぶんわかる。しかし私は予想通り、食後すぐに爆睡してしまったのだ。
ガバッと起きたのは朝5:45。怒涛のお弁当作りの幕開けだ。
本来なら一刻も早く24時間営業のスーパーに駆け込みたいところだが、もしかしたら学校からの電話連絡網がまわってくるかもしれない。前日にやるべき運動会準備があまりできていないようだしグランドの整備も必要だろうから1時間遅れで始めます等の連絡があるかもしれないではないか。
1分も無駄にできないので、大急ぎでお米を研いだり卵焼きなど材料のあるものから作りはじめた。
子どもに朝食を食べさせたらいよいよスーパーへ出発。7時前にスーパーにいるなんて普段ではまずありえない出来事だがワクワクしている場合ではない。目標は8時15分出発。あと1時間でなんとかなりそうなものを中心に迷わず買う。果物は皮をむかないでいいという理由でミカン購入。運動会に青いミカンだなんて我が家もとうとう裕福家庭デビューだ。

家に戻りダンナに朝食を出しお弁当を必死で作っていると、食後のダンナは寝転がって朝ズバを見ている。私は手を忙しく動かしながらダンナに声をかけた。

「あのさ、コレ毎年毎年繰り返してる事なんだけどさ、また今年も言うんだけどさ、ビデオの確認とかカメラの支度とか、そういうのやってくれてるッ?!」
「え?やってないけどぉ~」
「やって!」
「わかんないもん。」
「それ毎年説明してる!そんで毎年“わかる方がやりゃいいじゃん”って言い返す!」
「じゃソレでいいじゃん」
「……毎年場所取りに行ってお弁当作ってカメラやビデオの準備して、ヘトヘトだよ!カメラの事ぐらいしてくれたっていいのに。どこの家庭だって大抵パパの役目じゃん!それともいっそ、おにぎり作るほうやってくれる?!」

「あ、そっちのほうがいい」

なんだって─────?!
…いや、こうなったら仕方無い。結局ダンナがおにぎりを作り、私はビデオやカメラのバッテリー・テープ・カードなどの確認をすることになった。
こんな状態があと何年続くというのだ。もう呆れ果てた。


運動会では息子が大きな体格をいかして、騎馬戦の大将の馬として頑張ったり、応援団として張り切った。娘も友達と自主練までしていた組体操を上手に出来て嬉しそうだったしムカデ競走では(個人であありえない)1位ゴールのテープを切るという体験をした。
それぞれが、身体だけでなく心も育っている様子がよくわかり、とても良い一日だった。

来年はダンナの行動も育ってもらわなくては。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。