日記を中心に、あれこれ興味のあることを。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


富士の金曜日 ― こうカイゼンされてました
2008年10月11日 (土) | 編集 |
日本GPに行ってきた。
何しろ2007の悲惨さは語りつくせないほどなので、それでも行くのかと我ながら感心するが、今年はすでに「現地はすいている金曜のみ」と決めている。土日はTV観戦だ。

で、どうカイゼンされたかというと、今日の時点でみると意外にも納得だった。

まず去年大悲惨だったバス運輸。昨年同様御殿場駅利用としたが、帰りもとてもスムースなものであった。
まず行きの様子。富士霊園入口で降ろされて急造されたとおぼしき通路を歩いてサーキット入り。サーキット入口(西ゲート)まで15~20分、しかしそこからさらに指定席まで歩かなければならないのだから指定席が西ゲートから遠い人は大変だろう。ちなみに私たちのとったQ席ではバス降車から指定席到着まで(寄り道しないで)およそ40分弱だった。
帰りは驚くほどスムースだった。富士霊園入口は御殿場駅専門の乗降車場になっているので、去年のように様々なルートのバスが流れを遮り合う事もなく、非常にスムースな流れになっていた。16時前にQ席を出発し乗り場に到着したらその足で乗り込めたし、そのバスの後ろにはあと3台も空車バスが順番を待っていたのだから感動ものだ。そしてバス走行ルートも見直されており、行きと帰りは別ルートで一方通行的なスムースな流れを作り出していた。そのためか、昨年のように富士霊園の前で大量のバスが無駄に渋滞している様子を見ることはまったくなかった。
今日の観客は3万7千人だったそうだから、日曜日にはその3倍程度にはなるだろう。今日よりは大変になるだろうけれど、もう5時間半並ぶことはあるまい。素直にそう感じた。

他に去年気になった点・・・

・飲食物の価格→全般に安く(というか普通に)なっていた。
常識内
たまたま写りこんでいた価格はこれだけだが、牛串は¥600の所と¥700の所を見かけた。昨年の¥1000からみたら感覚的にはもはや半額とも思える。重ねて言うがこれで普通なのだが。
お弁当も軒並み¥1000ということはなく、「これで普通だよね~」という感じの価格をたくさん見かけた。もちろん¥1000のお弁当やそれ以上のものもあったが、それしか選択肢がないわけではなかったので構わないと思う。ペットボトル飲料は¥200だった。これはどうしても定価販売は無理なのだろうか。そういえば出店は去年よりかなり少ないと感じた。
ちなみに私たちは御殿場駅の売店でお弁当と飲み物を購入していった。

・隣の指定席のマナーの悪さ→去年はすぐ隣の指定席仮設スタンドの観客達が大勢席を離れて最前列の柵に張り付いていて係員も注意していなかった。今年はその指定席じたいがなくなっていた。しかしQ席内で指定席を離れてマナー違反の場所で観戦・写真撮影をする観客への係員のスルーは相変わらずだった。

・休憩所→去年は飲食物販売エリアにすら「ベンチ」「イス」が無かったが、今年はあちこちに屋根のある休憩所が設けられていた。テーブル&イスという所も多くみかけた。土曜日の予報が微妙だが雨がふりかかりながらお弁当を食べた去年よりはよほどマシだろう。

・応援旗→去年はかたっぱしから禁止・撤去命令をしたくせにト○タの超大きな旗だけは広げて非難をあびていたが、今年は応援旗OKとなっていた。もちろん「他の観客に迷惑がかからないように」という注釈はあるがそんなのは当たり前のことだ。ようやく通常の風景を取り戻せるのだろうか。今日はまだ旗は少なかったけれど土日は賑やかになるといいと思う。

そして肝心のフリー走行だが
081010_2.jpg
フリー走行中は暑いくらいの天候に恵まれ、明日の微妙な天候を予想してか今日走りこむチームも多かったので、かなり見ることができた。
ライコネンの走りが気の抜けた感じに見えたのは、たぶん先入観からだろう。最終戦まで全部勝つつもりで頑張って欲しい。
飲んで脱いで眠る男

今日は非常に良い一日だったと言える。
それでも土日は行かないわけだが、土日に現地に行く人たちは目いっぱい楽しんできて欲しい。私の日曜日は現地観戦する身内を御殿場駅まで迎えに行くというかたちでの参加になる。その時に見かけるであろう観客の人々の表情が、楽しさや満足感でいっぱいであることを切に願う。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。