日記を中心に、あれこれ興味のあることを。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008 F1日本GPを終えて
2008年10月16日 (木) | 編集 |
F1日本GPが無事終了した。
私は金曜日しか行かなかったけれど、土日も行った知人や日曜日だけ実家で連れていってもらった息子の話を聞くと、シャトルバスの運行がとてもスムースで驚いたとの事であった。
土日のあいだ知人達で一番並んだのは(全員御殿場駅乗降)土曜予選直後に並んだ人の「10分」。日曜の決勝後に18時頃乗った息子は3分待ちだったそうだ。
知人は「帰りのバスの中で笑い声が聞こえてきて、去年とはこんなにも違うものかと思った」と言っていた。なにしろ去年は並んでいる時は怒号が響き、5時間後に乗ったときは深い怒りと一触即発なムードに支配されていたのだから雲泥の差だ。
富士は、やれば出来る子だったのだ。

しかし、だからといって心から良かったねと思うほど間抜けではない。
去年の惨状の影響か、出店が少なくとても寂しい印象の場内だったが、2年後に開催されるときにはまた増えているだろうか。
あの時に一度冷え込んでしまった地元団体との協力体制を今後どこまで盛り上げることができるのか。
あれ以来F1なんてと思ってしまっている地元民の気持ちをどこまでほぐす事ができるのか。
どうすればレース後のブログに「シャトルバスの状況」ではなく「レースの感想や感動」を書いてもらえるようになるのか。
課題はたくさんあるだろう。

富士は、ようやくスタートラインに立てたんだと思う。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。