日記を中心に、あれこれ興味のあることを。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いたたた
2009年01月29日 (木) | 編集 |
今日は整形外科に行ってきた。
おととい膝が痛み、ろくに仕事ができなかったからだ。膝の周囲の筋肉がこわばったように痛み完全に曲げることができず、正座もさっと立ちあがることもできず、瞬時に動くような行動も何一つできなかった。
昨日ゆっくり休んで痛みはほとんど無くなっていたが、放置するわけにもいかない。

そもそも2週間前の寒い朝、あれ?と思う程度の腰の痛みがでたのが発端だったかもしれない。その痛みは2日ほどでおさまったが翌週もまた痛みがぶり返し、その時も2日ほどで何でもなくなった。しかし入れ替わりに膝が痛みだしてしまったのだ。

元来体重があまりにも多いために、いつかこういう日もくるだろうと思っていた。それでなくても中学生のころには医者に膝の関節のかたちが悪いとも言われていた。わかっていながらダラダラ肥満に甘んじていた私が悪い。

しかし仕事がからむと反省だけでは済まない。私は自分が出勤する日においては現場の責任者だ。からだがろくに動かせないような状況では困るのだ。
朝から若い保育士さんたちに状態を話して深々とお詫びし、フォローをお願いした。しかし万一私の目の前で子どもたちに危機があったとき、ダッシュでそれを止められなければその子は命を落としてしまうかもしれない。保育というのは命を預かる仕事だ。今の状況が続くようならそうなる前に辞めるべきだと思っているという正直な気持ちも話しておいた。

とはいえ辞めたくはないので珍しく病院へ行ってきた。
レントゲンを3枚とって「特に異状はないですよ。何か最近無理しました?湿布で様子見てください」とだけ言われた。
痛みがひいた今の状態でキープできれば、それなりに仕事はできるだろう。問題はいつまでキープできるかだ。とりあえずバナナダイエットは続行だ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。